ここから本文です。

更新日:2017年12月7日

箟岳白山祭

観音堂に向かって右にある白山神事で有名な白山社。宝亀(ほうき)元年(770年)創立、同6年(776年)大伴駿河麻呂(おおとものするがまろ)建立と伝えられています。白山信仰はもともと山岳信教で、これに天台密教が結びつき作神様としての当地方の信仰の中心となっています。

白山神事は、神仏習合により、一山の天台宗の僧によって執り行われます。これを宮座式といいますが、正月行事を中心として古式に則り、数百年にわたって引き継がれてきていることは、全国的にも珍しいことといえます。

1月の第4日曜日例祭では弓神事(流鏑[やぶさめ])が行われ、稚児が矢を射てその年の天候を占います。恒例の正月行事は大晦日から始まり、元三会、修正会、大般若会を経て例祭に至ります。

箟岳白山祭1

鬼と書かれた的をめがけて矢を放ちます

箟岳白山祭2

僧とお稚児さんが一体となって的を狙います

開催日時

2018年1月28日  14時頃から

場所

名称

箟岳山箟峯寺

住所

宮城県遠田郡涌谷町箟岳神楽岡1

電話番号

0229-45-2251

お問い合わせ

まちづくり推進課商工観光班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2119

ファクス:0229-42-3313