ホーム > イベントカレンダー > 天平ろまん館特別展「一粒の砂金から始まったみちのくの金」

ここから本文です。

更新日:2018年2月22日

天平ろまん館特別展「一粒の砂金から始まったみちのくの金」

宮城県北部から岩手県南部のみちのくに暮らす人々は、地域の豊かな里山資源をあますところなく享受してきました。
山中に角ばった白い石が雲のように広がる光景も、その名残の一つです。「この白い石は白石英で金鉱石。金を採った後の廃石だ。ズリと呼ぶ。金の採り残しがあるかもしれれねぇ」と、古老はそのかけらを片手に持ち、誇らしげに語ります。
一方、沢には風化して丸みを帯びた白い金鉱石があります。「モチ石などと呼んでいる。モチ石があるところ砂金が採れる」。そう教えられると、沢の砂が光って見えてきます。

みちのくは、大伴家持が「みちのく山に金花咲く」と『万葉集』に詠った日本有数の産金地で、約1250年にわたり金が花のように咲き誇った、金資源に恵まれた地です。
このたび、天平ろまん館では、日本初の産金地である涌谷から始まったみちのくの金にまつわるストーリーをたどる企画展を開催します。

みちのくの金特別展チラシ

LEGOでできた金色堂

LEGO®で作られた中尊寺金色堂も展示されます

LEGOでできた金色堂の細部

細部までLEGO®ブロックで作りこまれた姿をご覧ください

開催日時

2018年2月24日から2018年6月24日  9時30分から16時30分まで(休館日なし)

場所

名称

天平ろまん館

住所

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字黄金山1-3

電話番号

0229-43-2100

ホームページ

天平ろまん館(外部サイトへリンク)

費用

【観覧料】
一般:500円、小・中・高校生:200円
【団体(10人以上)】
一般:450円、小・中・高校生:50円

主催者

涌谷町教育委員会、一般社団法人涌谷町地域振興公社

お問い合わせ

天平ろまん館
宮城県遠田郡涌谷町涌谷字黄金山1の3
電話番号0229-43-2100