ホーム > イベントカレンダー > 日本遺産「みちのくGOLD浪漫」認定記念構成自治体リレーシンポジウム「日本遺産『みちのくGOLD浪漫』を知るin多賀城市『東北歴史博物館』」

ここから本文です。

更新日:2020年2月3日

日本遺産「みちのくGOLD浪漫」認定記念構成自治体リレーシンポジウム「日本遺産『みちのくGOLD浪漫』を知るin多賀城市『東北歴史博物館』」

日本で初めて「金」が産出されたのは奈良時代の陸奥国。現在の岩手県や宮城県を含み「みちのく」と呼ばれたこの地が生んだ「金」は栄華の象徴や祈りの対象として、奈良・東大寺の大仏や平泉・中尊寺金色堂を彩りました。

みちのくには、「金」にまつわる文化財が現在も数多く残っています。この度、各地に点在する文化財と歴史が紡いだストーリー「みちのくGOLD浪漫」が令和元年度日本遺産に認定されたことを記念し、文化財を有する2市3町(宮城県涌谷町・気仙沼市・南三陸町、岩手県平泉町・陸前高田市)が共同で、日本遺産「みちのくGOLD浪漫」の魅力を伝えるシンポジウムを開催します。

《情報提供》
日本遺産「みちのくGOLD浪漫」申請経過と認定概要について

《講演》
テーマ:日本遺産の可能性とこれから
講演者:丁野朗(ちょうのあきら)氏(令和元年度日本遺産審査委員、東洋大学大学院国際観光学部客員教授)

《展望についてトークセッション》
テーマ:「みちのくGOLD浪漫」のこれから
ファシリテーター:樋下稔生氏(涌谷町地域おこし協力隊)
パネラー:丁野朗氏(令和元年度日本遺産審査委員、東洋大学国際観光学部客員教授)
千葉正利氏(東北歴史博物館学芸部長)
ケップルヘンリー・ウェスリー氏(株式会社コミューナ国際プロジェクトコーディネーター)
福山宗志氏(日本遺産「みちのくGOLD浪漫」推進協議会【涌谷町教育委員会生涯学習課】)

みちのくGOLD浪漫を知るin多賀城チラシ表

みちのくGOLD浪漫を知るin多賀城チラシ裏

開催日時

2020年2月16日  13時30分から(開場は13時)

場所

名称

東北歴史博物館

住所

宮城県多賀城市高崎1-22-1

電話番号

022-368-01060

ホームページ

東北歴史博物館(外部サイトへリンク)

費用

入場無料

申込方法

下記リンクにある専用申込用紙を使用しファックスでお申し込みいただくか、メール(goldroman@u-media.jp)で氏名(同席者氏名含む)・住所・連絡先E-mail・電話番号を明記の上、お申し込みください。

主催者

日本遺産「みちのくGOLD浪漫」推進協議会
【共催】
涌谷町、南三陸町、気仙沼市、陸前高田市、平泉町

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習課文化財保護班

宮城県遠田郡涌谷町字下道69-1

電話:0229-43-3001