ホーム > 町政情報 > 広報・広聴 > パブリックコメント > 涌谷町青少年ホームの廃止・転用と涌谷公民館条例等の制定に伴うパブリックコメントの実施について

ここから本文です。

更新日:2015年1月23日

涌谷町青少年ホームの廃止・転用と涌谷公民館条例等の制定に伴うパブリックコメントの実施について

涌谷町勤労青少年ホームの状況

涌谷町勤労青少年ホーム(以下「ホーム」という。)については、勤労者の施設として昭和52年に開館して以来多くの勤労者の皆様に活用していただいてきましたが、個人の趣味の多様化の流れから活動サークルが減り、利用者の減少に歯止めがかからない状況になりました。

平成20年頃から、ホームの廃止についての話がでてきました。廃止についての具体的な話にはなりませんでしたが、平成23年3月に震災があり、旧涌谷公民館が被災し、使用できなくなりました。

震災時、ホームは被災したものの、被害が少なかったことから公民館として使用することになり、今日まで公民館として臨時的に使用している状況です。

涌谷公民館

震災により被災した公民館は、現在建て替え工事の真っ最中で、平成27年3月末の竣工をめざし、工事を進めています。4月からは新涌谷公民館が開館する予定です。27年3月末をもってホームは廃止して、公民館として転用し、新公民館と一体的に使用することになります。

公民館条例と公民館管理運営規則の制定にあたっての考え方

涌谷町の社会教育施設については、これまで無料で使用できていましたが、今回新公民館建設に伴い、使用する方から、管理上の実費程度の負担をお願いする方向で検討しました。この考え方は涌谷町ではこれまであまりなかったのですが、使用する人には、管理費用の一部を負担していただくという考え方です。

使用料

実際に公民館を使用する場合については、公民館管理運営規則(以下「規則」という。)で減免規定を設けており、利用団体の皆様はこれまでどおりの使用ができるように考えました。(規則(案)第10条及び別表使用料参照)

冷暖房料

大きく変わるのが冷暖房料の負担です。これまで無料で使用できた公民館ですが、夏季と冬季における冷暖房料については使用する皆様にご負担いただくという考え方です。近隣自治体においても施設使用については使用者負担の原則で施設が運用されていることから、涌谷町においても新公民館の完成の機会にこの考え方に立ったものです。

実際に公民館の施設を使用する場合には、使用する部屋の使用料は減免になりますが、冷暖房料については、料金をご負担いただくことになります。(規則(案)第12条参照)

(規則(案)第10条より)

(使用料の減免)

第10条 使用料を減免する場合は次の各号のとおりとし、減免の割合は、当該各号に定める割合とする。

(1) 町又は教育委員会(町又は教育委員会の委託を受けた者を含む。)が主催して使用する場合 100分の100

(2) 社会教育法(昭和24年法律第207号)第10条に規定する社会教育関係団体、又は地域関係団体が当該団体の目的を達成のための事業に使用する場合 100分の100

(3) 国、県、公益法人等が使用する場合 100分の50

(4) 町又は教育委員会の後援を得て使用する場合 100分の25

(5) 前各号に定めるもののほか、教育長が特に必要と認める場合 100分の100以内

涌谷公民館 別表 使用料

区分

使用料

午前

午後

夜間

午前9時~午後1時

午後1時~午後5時

午後5時~午後9時

涌谷公民館

交流ホール

2,000円

2,000円

2,800円

会議室1

500円

500円

700円

会議室2.

500円

500円

700円

和室1

500円

500円

700円

和室2

500円

500円

700円

視聴覚コーナー

800円

800円

1,000円

旧勤労青少年ホーム会議室

500円

500円

700円

旧勤労青少年ホーム和室

500円

500円

700円

旧勤労青少年ホームJL室

500円

500円

700円

旧勤労青少年ホーム

調理実習室

1,200円

1,200円

1,500円

備考

  1. 入場料を徴収する場合の使用料は、使用料の10割に相当する額を加算した額とする。
  2. 使用時間が本表に定める使用時間に満たない場合においても使用料の減免は行わない。
  3. 使用時間が本表に定める使用時間を超える場合の使用料は、それぞれの使用料の額を時間割計算によって算出した額(100円未満の端数が生じたときは100円に切り上げる。)を徴収する。この場合において、超過時間が1時間に満たない場合は1時間に切り上げる。

涌谷町農業環境改善センター 別表 使用料

区分

使用料

午前

午後

夜間

午前9時~午後1時

午後1時~午後5時

午後5時~午後9時

多目的ホール

800円

800円

1,000円

調理実習室

1,200円

1,200円

1,500円

その他の部屋

500円

500円

700円

備考については涌谷公民館と同じ

(規則(案)第12条より)

(冷暖房料)

第12条 冷暖房設備を使用する者は、別表に定める冷暖房料を支払わなければならない。ただし、町又は教育委員会(町又は教育委員会の委託を受けた者を含む。)が主催又は共催して使用する場合は、この限りでない。

涌谷公民館 別表 冷暖房料

 

区分

料金

 

交流ホール

1室1時間当たり

冷暖房料

800円

 

会議室1

1室1時間当たり

冷暖房料

200円

 

会議室2

1室1時間当たり

冷暖房料

200円

 

和室1

1室1時間当たり

冷暖房料

200円

 

和室2

1室1時間当たり

冷暖房料

200円

 

視聴覚コーナー

1室1時間当たり

冷暖房料

400円

 

旧勤労青少年ホーム会議室

1室1時間当たり

冷暖房料

200円

 

旧勤労青少年ホーム和室

1室1時間当たり

冷暖房料

200円

 

旧勤労青少年ホームJL室

1室1時間当たり

暖房料

200円

暖房のみ

旧勤労青少年ホーム調理実習室

1室1時間当たり

暖房料

300円

暖房のみ

暖房用ストーブ 大型

1室1時間当たり

1台

200円

 

暖房用ストーブ 小型

1室1時間当たり

1台

100円

 

備考

  1. 使用時間が1時間に満たないとき、又はその時間に1時間未満の端数が生じるときは、これを1時間に切り上げる。

涌谷町農村環境改善センター 別表 冷暖房料

区分

料金

多目的ホール

1室1時間当たり

冷暖房料

400円

調理実習室

1室1時間当たり

冷暖房料

300円

その他の室

1室1時間当たり

冷暖房料

200円

暖房用ストーブ 大型

1室1時間当たり

1台

200円

暖房用ストーブ 小型

1室1時間当たり

1台

100円

備考については涌谷公民館と同じ。

意見募集の対象となる方

  • 涌谷町に住所を有する方
  • 涌谷町に事務所又は事業所を有する個人および法人その他の団体
  • 涌谷町にある事業所等に勤務する方
  • 涌谷町にある学校に在学する方
  • 涌谷町に対して納税義務を有する方
  • その他、この手続に係る事案に利害関係を有する方

募集期間

平成27年1月23日(金曜日)~2月6日(金曜日)まで

意見提出期限

平成27年2月6日(金曜日)まで

意見などの提出方法

郵便、ファクシミリ、電子メールのいずれかで提出してください。

個人の方は、住所、氏名、年齢、電話番号を必ず記載してください。また、法人等の方は、所在地、名称、代表者氏名、事業等を必ず記載してください。ご意見等とそれに対する町の考え方については、町のホームページなどで公表します。

なお、ご意見をいただいた方の住所、氏名等は公表しません。また、応募者個々人に返信することはありません。

意見などの提出及び問合せ先

提出先/涌谷町教育委員会生涯学習課生涯学習班

郵便番号/987-0147

住所/宮城県遠田郡涌谷町下道69番地1

電話番号/0229-43-3001

ファクシミリ/0229-43-3536

電子メール/gr-gakushu@town.wakuya.miyagi.jp

お問い合わせ

生涯学習課生涯学習班

宮城県遠田郡涌谷町字下道69-1

電話:0229-43-3001

ファクス:0229-43-3536