ここから本文です。

更新日:2015年9月7日

~先輩スタッフから皆様へメッセージ~

  涌谷町老人保健施設に勤務しております、先輩方からのメッセージです。ご覧下さい。

 「老健と歩む私の仕事」    通所リハビリテーション 介護福祉士               

介護員から 私はこの通所リハビリで勤務を開始した当時はたくさんの利用者様の顔と名前を覚えるのが大変でした。それに伴い当施設の通所リハビリテーションは日曜と元旦を除き、月曜日から土曜日まで毎日朝と夕方に送迎を行いますが、、自宅を覚えられず、初めて伺う利用者様のご自宅を間違えることも多々あり、苦労したことを覚えています。

 初めから大変なことばかりでしたが、ご自宅は利用者の皆様に教えられ、顔と名前も少しずつ覚えられるようになっていきました。またそのおかげで町内外、近隣の道路等に詳しくなり、毎日利用者様と会話をしたり、一緒にリハビリを行うことで人と話すことが以前よりも上手くなったような気がします。この二つは今の私の仕事においてはとても役に立っていますし、大きく成長できた部分であったと思います。

 当施設は通所リハビリテーションのみならず、老健全体が活気あふれる職場だと思います。決して皆さんが想像しているような堅苦しい場所ではありませんので、一度当施設にお越しいただければと思います。そして皆様と共に仕事が出来るのを楽しみにお待ちしています。

 「共に目指そう!理想の介護員へ」      第2介護棟 介護福祉士                  

介護員メッセージ① 涌谷町老人保健施設は利用者様の自立した生活を支援する事を目的とし、自宅への復帰を目指す施設です。看護、介護だけでなくリハビリの専門職や栄養士等とカンファレンスを随時行いチームケアとしての連携も良好で、在宅復帰支援として自宅での生活をイメージしながら退所前後の訪問や居宅のケアマネージャーとの関わり等もあり介護職として多くの事を学ぶ事ができます。また、年間行事である夏祭りや敬老会も自分たちで企画立案しスタッフ同士も楽しみの一つとなっています。

 私はこの施設に入職してから2年目になりますが、利用者様の思いを尊重できる介護福祉士を目指し、日々業務に励んでいます。そのために、利用者様本人の気持ちを引き出し、話に耳を傾けることができなくてはなりません。そして、言葉をかけてあげることや話の話題を自分自身から出すことで、利用者様の気持ちを安心させてあげたり、気力が向上するような柔軟な対応を学んでいきたいと思います。

 当施設での介護は利用者様と一緒に自宅に帰るという目標に向かって進んでいくことで自分自身も成長できる実践の一つとして捉え、より多くの経験を積み重ねられる職場であり、やりがいを感じられる職場だと思います。ぜひ、一緒に楽しく、笑顔で寄り添える介護をしていきましょう。

お問い合わせ

総務管理課管理班

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-43-5111

ファクス:0229-43-5715