ここから本文です。

更新日:2015年8月5日

入院案内

入院のお申し込みについて

入院のために準備するものについて

入院当日について

御面会について

会計について

医療相談について

退院について

療養型病床群病棟のご案内

 入院のお申し込みについて

  1. 外来で診療を受けた際に医師から「入院の必要があります。」と指示を受けた方は「入院連絡票」を受けとり入退院受付窓口においでください。
  2. 入院を申し込まれた方には、次のような書類をお渡しし、ご説明いたします。
    1. 入院連絡票
    2. 入院のご案内
    3. 入院申込書
    4. 差額病室利用申込書
  3. (dは希望される方だけです。)
  4. 差額病室(1人室・2人室)をご希望になり入院されたい方は、差額料を別途でお支払い頂きます。
  5. ひとつの病名で(他の医療機関の入院も含む)入院期間が180日を越えた場合、入院料の自己負担が多くなる場合があります。該当されると思われる方は、医事班(入院担当)までお問い合わせ下さい。

 入院のために準備するもの

  1. 入院に必要な書類など
    1. 保険証
    2. 診察券
    3. 入院連絡票
    4. 入院申込書
    5. 差額病室利用申込書(希望される方のみ)
    6. 印鑑
    7. 公費負担医療を受給の方…受給者証
      • (dとeは必ず記入して来てください。)
  2. 日用品
洗面用具 洗面器、歯ブラシ、歯みがき、石鹸、化粧品、ひげそり
洗髪用具 くし、ブラシ、シャンプー、リンス
食事用具 はし、はし箱、コップ、吸いのみ、スプーン、果物ナイフ、ふきん2枚
衣類 下着(3~5枚)、寝衣(必要時:おむつ、おむつカバー)、タオル(3~5枚)、バスタオル(2~3枚)
その他 ティッシュペーパー、スリッパ、ゴミ用ビニール袋、洗濯ばさみ2つ

小児の生活に必要な物品

洗面用具 コップ、歯ブラシ、歯みがき、タオル3~5枚、バスタオル2~3枚、ティッシュペーパー
洗髪用具 くし、ブラシ、シャンプー、リンス
食事用具 はし、スプーン、フォーク、コップ、ふきん2枚
衣類 下着3~5枚、パジャマ2~3枚、遊び着(必要時:おむつ、おむつカバー)
その他 学習絵本、カセット(童謡)、学校の本

 入院当日には

  1. 入院される当日には、病棟へ直接行かず、13時30分までに入退院受付窓口においでください。
  2. 必要書類を提出していただき、入院の手続きが済みましたら、入退院受付係がご案内いたします。

 面会は

  1. 面会時間は次のとおりです。
    • 月~金午後3時~午後8時
    • 土・日・祝日午前10時~午後8時
    • 上記時間外の面会は特別な場合をのぞきご遠慮いただきます。
  2. ご面会の方は、
    • 夜間・土曜日・日曜日・祝祭日は、夜間緊急出入口からお入りください。
  3. 面会の場所は
    • 原則として「だんらん室」となっております。なお、敷地内での喫煙は禁止されておりますのでご遠慮ください。
  4. その他の注意
    • 大勢でのご面会、小さなお子様をお連れの方、その他動物等の持ち込みは、他の患者さんの迷惑になりますのでご遠慮ください。
    • お見舞いの中で治療上差支えのある飲食物等のある場合、指導を受けることもありますが、あらかじめご了承ください。

 会計は

  1. 入院医療費は、翌月10日頃に1ヶ月分の請求になります。
  2. 請求書は医事班事務員がお渡ししますので、ご不明な点がありましたら看護師または医事班にお話し下さい。入院会計担当がご説明に伺います。
  3. 請求書の発行から7日以内に外来会計でお支払い下さい。
    • 取り扱いは月~金曜日です。(祝祭日除く)
  4. 領収書は所得税の医療費控除を申告するときなどに必要ですので、大切に保管してください。領収書の再発行は致しません。
  5. 差額病室(1人室・2人室)をご希望になり入院されたい方は、下記差額料を別途でお支払い頂きます。
    • 差額病室1日当りの差額料
    1. 特別室6,480円/バス・トイレ・流し台付
    2. 1人室3,240円/トイレ・洗面台付
    3. 1人室2,160円/洗面台付
    4. 2人室1,080円
  6. ひとつの病名で(他の医療機関の入院も含む)入院期間が180日を越えた場合、入院料の自己負担が多くなる場合があります。該当されると思われる方は、医事班(入院担当)までお問い合わせ下さい。

 医療相談のご案内

入院される方や入院中の方で、右のような点について悩みや心配事がある方は、看護師へお申し出下さい。専門の相談員がご相談をお受けします。

なお、ご相談の内容については一切秘密をお守り致します。相談料は無料ですからお気軽にご相談下さい。

  • 入院医療費について(支払い、高額医療、公費負担医療制度等)
  • 社会福祉制度の利用について
  • 職場、家庭のことについて
  • 退院後の自宅療養、通院等について
  • 人間関係について
  • その他誰に相談してよいかわからないことについて

 退院の手続きは

  1. 担当医師から退院の指示がありましたら、退院の当日までに準備をしてください。
  2. 退院は、医事班事務員から支払い明細書を受けとり、1階(外来会計担当窓口)でお支払いが済んでからとなっておりますので、退院当日の午前中までにお支払いください。
  3. 退院時の請求は、退院日に間に合うようにいたしますが伝票整理の関係等により、退院後に追加請求させていただくことがあります。ご了承ください。

入院中及び退院時のおこころざしは、一切お受け致しませんのでご了承ください。

 療養型病床群病棟のご案内

療養型病床群とは主に長期にわたり療養を必要とされる患者さんが利用できる施設です。一般の病棟よりも良好な環境(広い室内、広い廊下)のもと、看護師、看護補助員が配属され療養環境に配慮した病棟です。

当病院では、一般浴、特別浴室があり温泉(泉質…ナトリウムー塩化物泉、低張性弱アルカリ性温泉)を使用しております。寝たきりの方でも温泉気分を十分に満喫できます。歯科健診も無料で行います。

入院については、一般外来を受診し一般病棟に一時入院します。これは健康状態のチェックや潜在する病気の診断と治療のためです。その後、病状の安定している方や長期療養が必要な方が療養病棟入院となります。整形外科の手術後でリハビリが必要な方も対象となります。

医療費については、包括となりますので、急変などがなければほぼ定額となります。急変した場合は、一般病棟に移ることになります。

入院期間の制限はありませんが、病状が安定し回復した場合には退院することとなります。

入院費の請求は月1回、翌月の10日頃にお渡しいたします。

入院に必要なもの、気をつけること

一般病棟の準備物のほかに、タオルケット2枚、介護マット、入歯ケース、その他愛用しているもの。汚すことが多い方は、衣類は多めにご用意ください。

お問い合わせ

総務管理課

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-43-5111

ファクス:0229-43-5715