ホーム > 暮らしのガイド > 防災・交通安全・防犯 > 防災 > 【台風19号】被災者の医療機関や介護サービス利用料等の一部負担金の免除について

ここから本文です。

更新日:2020年4月9日

被災者の医療機関や介護サービス利用料等にかかる一部負担金の免除期限が延長されました

今回の台風第19号に伴う災害の被災者で、下記の免除の要件に該当する方は令和2年1月31日(金曜日)まで一部負担金が免除となっていましたが、今回免除を受ける期間について、令和2年9月30日(水曜日)まで延長となりました。

免除の要件

令和元年台風第19号により、次のいずれかに該当した場合

1住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災した場合

2主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った場合

3主たる生計維持者の行方が不明である場合

4主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した場合

5主たる生計維持者が失職し、現在収入がない場合

注意:床下浸水被害のみの要件は対象外

申請期間(免除証明書申請・一部負担金還付申請)

令和元年12月2日(月曜日)から令和2年5月29日(金曜日)

8時30分~17時15分まで(土・日・祝日を除く)

免除を受けられる期間

令和元年10月12日(土曜日)から令和2年9月30日(水曜日)までの

診療・調剤分又はサービス利用分(※介護保険サービス利用料は10月1日~)

免除証明書等・還付申請の手続きについて

免除証明書等の申請

医療機関等へ免除証明書、介護サービス事業者等へ免除認定証を提示することにより、窓口負担が免除されます。※罹災証明書等の提示だけでは免除になりません。

国保・後期

免除証明書:病院・薬局等を利用される際に保険証と併せて提示してくさだい。

入院時の食事代や療養費(コルセット代等)、柔道整復師、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師による施術代等は対象となりません。

介護

免除認定証:介護サービス事業所等へ提示してください。

居住費・食費は対象となりません。(サービス利用料のみ)

一部負担金還付申請

令和元年10月12日(土曜日)(※介護保険サービス料は10月1日~)から令和2年3月31日受診(利用)分で既に医療機関等又は介護サービス事業所に支払いをされた方は、一部負担金を還付します。

申請期間:令和2年5月29日(金曜日)まで(※お早めに申請して下さい。)

受付時間:8:30~17時15分(土日祝日除く)、提出先:健康課国保介護班

申請に必要なもの

 

  • 罹災証明書
  • 印鑑(シャチハタ以外)
  • 医療機関又は介護サービス事業所等で発行された領収書(※還付申請の場合)
  • 身分証明書(運転免許証等)
  • 免除申請書(下記からダウンロード可)

免除の要件のうち、2~5は事実が確認できる書類

免除証明書・免除認定証・一部負担金還付にかかる各種申請書

保険毎に申請書が異なるので、ご注意ください。

涌谷町国民健康保険

免除申請書(PDF:104KB)

一部負担金還付申請書(PDF:204KB)

内訳書(PDF:120KB)

後期高齢者医療制度

免除申請書(PDF:77KB)

一部負担金還付申請書(PDF:336KB)

涌谷町介護保険

免除申請書(PDF:85KB)

一部負担金還付申請書(PDF:211KB)

内訳書(PDF:119KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康課国保介護班

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-43-5111

ファクス:0229-43-5717