ホーム > 健康・福祉 > 子育て > 令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化が開始されます

ここから本文です。

更新日:2019年9月6日

令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化が開始されます

3歳から5歳の子どもの幼稚園保育料、保育所利用料が無償化されます。

また、0歳から2歳の子どもは、住民税非課税世帯を対象に利用料が無償となります。

幼児教育・保育の無償化に関する住民・事業者向け説明資料(厚生労働省)(PDF:649KB)

対象となる施設

  • 幼稚園
  • 保育所
  • 地域型保育(小規模保育、家庭的保育、居宅訪問型保育、事業所内保育)
  • 企業主導型保育事業(標準的な利用料)

利用区分と対象の概要

下表の①~⑦が対象となります。

  • ①③は手続き不要です。
  • ②は各幼稚園で手続きしてください。
  • ④⑤⑦は子育て支援室へお問い合わせください。
  • ⑥は福祉課福祉班へお問い合わせください。

詳細は子育て支援室へお問い合わせください。

表をクリックすると、PDFが表示されます。

幼保無償化の概要(PDF:177KB)

涌谷保育園、涌谷修紅幼稚舎で、これまで保育所利用料に含まれていた副食費(おかず、おやつなど)が無償化の対象外となり各園に納付する必要があります。なお、一部世帯は免除されます。対象世帯には各園を通じてお知らせします。

保育所や幼稚園の預かり保育(常時)を利用する場合には保育の必要性の認定が必要です。保育の必要性の認定とは保護者が就労している、病気等で働けないなどです。預かり保育の(一時)は無償の対象外となります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉課子育て支援室

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-43-5111

ファクス:0229-43-5717