ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > サムライのすまいを紙模型でつくる

ここから本文です。

更新日:2019年7月29日

城下町の文化財を知ろう!サムライのすまいを紙模型でつくる

佐々木家涌谷町内には江戸時代の城下町の一部が残されており、サムライが住んでいた屋敷を今でも見ることができます。この文化財を知ってもらおうと、この度、「さむらいの住んでいた武家住宅と庭の親子見学会および建物と庭の色塗りによる模型づくり」の会を行います。

無料で参加でき、作った紙模型はお持ち帰りいただけますので、この夏の自由研究にも最適なイベントです。皆様のご参加をお待ちしております。 

日時

令和元年8月4日(日曜日)

1回目:午後1時から午後2時30分まで

2回目:午後3時から午後4時30分まで

場所

涌谷町指定文化財:佐々木家住宅

住所:遠田郡涌谷町涌谷字黄金迫7番地

駐車場

有:佐々木家住宅前の黄金公会堂

募集人数

各回10組(親子20名)まで

事前申し込み先着順となっております。

対象

小学生

7月29日現在、申込者が少ないため、町内外問わず、申し込みを受け付けることとしました。

内容

さむらいの住んでいた武家住宅と庭の親子見学会と建物と庭の色塗りによる模型づくり

(用具不要)

参加料

無料

 

チラシ(PDF:299KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習課文化財保護班

宮城県遠田郡涌谷町涌谷黄金山1-3

電話:0229-43-2101

ファクス:0229-43-2109