ここから本文です。

更新日:2013年8月30日

給付

老齢基礎年金

対象者

国民年金保険料を収めた期間(保険料免除期間、学生納付特例期間を含む)が、25年以上の人が対象で、65歳から受けられます。

年金額

20歳から60歳になるまで全て保険料を収めた場合、下記の金額となります。

  • 平成25年4月~9月:786,500円(月額65,541円)

保険料未納や免除の期間がある場合は、その期間に応じて減額されます。

手続き先

加入していた状況によって異なります。

  • 第1号被保険者期間のみの人:涌谷町役場町民生活課町民生活班
  • 第3号被保険者期間のある人:年金事務所

必要なもの

必要な書類は、受給される人によって異なる場合があります。事前に手続き先にご確認ください。

  • 年金手帳または雇用保険被保険者証
  • 本人名義の預貯金通帳
  • 印鑑
  • 戸籍謄本と世帯全員の住民票(世帯主氏名、世帯主との関係の記載が必要)
  • 本人または配偶者が他の公的年金を受けている場合は、その年金証書
  • 本人または配偶者が共済組合に加入したことがある場合は、年金加入期間確認通知書

障害基礎年金

対象者

病気やけがが原因で、障害の状態(1級または2級)になったときに受ける年金です。初診日前に保険料納付月(免除月を含む)が加入期間の3分の2以上あるか、初診日前の属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納がない人が受けられます。

年金額

  • 1級:983,100円(月額81,925円)
  • 2級:786,500円(月額65,541円)

子の加算

障害基礎年金を受け始めるときに、生計を維持されている子(18歳到達年度の3月31日を経過していない子・20歳未満で障害等級1級または2級の障害者)がいるときは、以下の額が加算されます。

  • 1、2人目:1人につき226,300円
  • 3人目以降:75,400円

特別障害給付金

国民年金に任意加入だった人が、任意加入していなかった期間中の病気やけがで、1級または2級の障がいの状態にある場合は、特別障害給付金が支給されます。

対象となるのは、以下の人です。

  • 平成3年3月以前の国民年金任意加入対象であった学生
  • 昭和61年3月以前に国民年金の任意加入対象であった厚生年金・共済組合の加入者の配偶者

手続き先

初診日に加入していた状況によって異なります。

障害基礎年金、特別障害給付金を請求される場合は、事前に受給要件や必要な書類を確認する必要がありますので、下記の手続き先にご相談ください。

  • 第1号被保険者の人:涌谷町役場町民生活課町民生活班
  • 第3号被保険者の人:年金事務所

 遺族基礎年金

対象者

国民年金加入中の人または受給資格を満たした人などが亡くなったときに、その人によって生計を維持されていた「子のある妻」または「子」(18歳未満、障害者は20歳未満)に支給される年金です。

死亡日前に保険料納付月(免除月を含む)が、加入期間の3分の2以上あるか、死亡月の属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納がない人、または老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人が受けられます。

年金額

妻が受ける場合

  • 子が1人の場合:1,012,800円(月額84,400円)
  • 子が2人の場合:1,239,100円(月額103,258円)
  • 子が3人の場合:1,314,500円(月額109,541円)

子が受ける場合

  • 1人の場合:792,100円(月額66,008円)
  • 2人の場合:1,020,000円(月額85,000円)

手続き先

  • 第1号被保険者の人:涌谷町町民生活課町民生活班
  • 第3号被保険者の人:日本年金機構古川年金事務所お客様相談室(電話0229-23-1204)

必要なもの

それぞれ必要な書類が異なりますので、事前に手続き先へお問い合わせください。

  • 亡くなったかたの年金手帳
  • 印鑑
  • 戸籍謄本
  • 世帯全員の住民票の写し
  • 亡くなった方の住民票除票
  • 請求者および子の収入が確認できる書類(所得課税証明書など)
  • 死亡診断書の写し
  • 受取先金融機関の通帳(本人名義のものに限ります)

 寡婦年金

対象者

第1号被保険者として、保険料納付期間(免除期間を含む)が25年以上ある夫が年金を受けずに亡くなったとき、10年以上婚姻関係にあり生計維持されていた妻に、60歳から65歳になるまでの間、支給されます。

年金額

夫の第1号被保険者期間だけで計算した老齢基礎年金額の4分の3

手続き先

涌谷町町民生活課町民生活班または日本年金機構古川年金事務所お客様相談室(電話0229-23-1204)

必要なもの

  • 亡くなったかたの年金手帳
  • 印鑑
  • 戸籍謄本
  • 世帯全員の住民票の写し
  • 亡くなった方の住民票除票
  • 請求者の収入が確認できる書類(所得課税証明書)
  • 年金証書(公的年金から年金を受けているとき)
  • 受取先金融機関の通帳等(本人名義のものに限ります)

 死亡一時金

対象者

第1号被保険者として、保険料を3年以上納めた人が年金を受けないで亡くなったとき、生計を同じくしていた遺族に支給されます。

年金額

保険料納付期間によって12万~32万円まで

手続き先

涌谷町町民生活課町民生活班または日本年金機構古川年金事務所お客様相談室(電話0229-23-1204)

必要なもの

  • 亡くなったかたの年金手帳
  • 印鑑
  • 戸籍謄本
  • 請求者の世帯全員の住民票の写し
  • 亡くなった方の住民票除票
  • 受取先金融機関の通帳等(本人名義のものに限ります)

付加年金

対象者

第1号被保険者として、付加保険料400円(月額)を上積みして納めた人が老齢基礎年金に加算して受けられます。

年金額

200円×付加保険料を納めた月数

お問い合わせ

町民生活課町民生活班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2113

ファクス:0229-43-2693