ホーム > 産業・観光 > 農業 > 農業委員会 > 涌谷町農業委員・農地利用最適化推進委員の募集について

ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

涌谷町農業委員・涌谷町農地利用最適化推進委員の募集について

農地利用の集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消等への取り組みをより推進するため、農業委員会等に関する法律が改正されました。

これまで農業委員の選出方法は公選制(選挙)と選任制(議会推薦・農業団体推薦)でしたが、改正後は議会の同意を得た町長の任命制となります。

法律により農業委員の構成は、農業委員会の所掌事項に関し利害関係がない方(中立委員)が1名以上含まれるとともに、認定農業者が全農業委員数の過半以上であることが条件となります。

また、新たに農地利用の最適化を図るため農地利用最適化推進委員が設置されました。農地利用最適化推進委員は、農業委員会が区域を定め委嘱します。

ついては、農業に関する見識を有し、農地等の利用の最適化の推進、農業委員会の所掌に属する事項に関し、その職務を適切に行うことができる農業委員と、農地等の利用の最適化の推進に、熱意と見識を有する農地利用最適化推進委員を次のとおり募集します。

推薦及び公募内容について

 

  農業委員 農地利用最適化推進委員
募集人数 11名 12名(担当区域から各2名)
就任日 平成29年7月20日 第1回農業委員会総会の日
任期 平成29年7月20日~平成32年7月19日 委嘱日~平成32年7月19日
身分 地方公務員法第3条第3項第1号に規定する特別職の地方公務員(非常勤) 地方公務員法第3条第3項第1号に規定する特別職の地方公務員(非常勤)
主な職務

農地の移動に関する調査、審議及び決議

農地利用の最適化に関する業務

農家相談業務

農業委員研修等への参加

農地利用の最適化に関する業務(農地利用の集積・集約化の推進、耕作放棄地の発生防止と解消の推進、農地中間管理事業の利用促進等)

農業委員会総会、各種研修会等への出席

出務日数 月2回から3回程度(定例会・現地調査・農家相談)が基本ですが、審議案件により現場調査などにより日数は増えます 月2回から3回程度(現地調査・農家相談)で現場活動が基本ですが、委員会の求めによっては、定例会への出席があります。
報酬月額 42,200円 29,500円

最適化推進委員の担当区域区分

地区名 担当区域 定数
西地区1 1区、2の1区、2の2区、2の3区、3区、4区、5の1区、5の2区、6区、7区、八雲区 2名
西地区2 8区、9の1区、9の2区、9の3区、10区、11区 2名
東地区1 日向区、城山区、上町区、上谷地区、上郡1区、上郡2区、下郡区 2名
東地区2 下小塚区、上小塚区、下町区、黄金区 2名
箟岳地区1 長根区、小里区、成沢区、岸ヶ森区、脇区、太田区 2名
箟岳地区2 箟岳区、吉住区、猪岡区、短台区、大谷地区

2名

応募資格・応募方法・選考方法

応募資格:涌谷町に住所を有する者を基本に、町外に住所を有する者も妨げない。

応募方法:「推薦」と「応募」があります。「推薦」の場合は、個人の推薦(3人以上の推薦者連名)と法人・団体等の推薦があります。それぞれ応募用紙に必要事項を記入のうえ、農業委員会に持参又は郵送して下さい。

選考方法:涌谷町農業委員会候補者評価委員会の意見を受け選考し、本人に通知します。その後、農業委員については、涌谷町議会6月定例会に上程し、同意を得たうえで選任されます。また、最適化推進委員については、農業委員会総会で委嘱されます。

推薦及び応募受付期間

平成29年2月27日(月曜日)から平成29年3月27日(月曜日)までの29日間

応募締切:平成29年3月27日(月曜日)午後5時まで持参及び郵送で農業委員会必着

推薦・応募届出書の様式について

※推薦書・応募届出書はこちらからダウンロードできます。

涌谷町農業委員

・応募要項(PDF:68KB)

・涌谷町農業委員会委員推薦書(一般推薦)

・涌谷町農業委員会委員推薦書(一般推薦)記載例(PDF:60KB)

・涌谷町農業委員会委員推薦書(団体推薦)

・涌谷町農業委員会委員推薦書(団体推薦)記載例(PDF:66KB)

・涌谷町農業委員会委員応募届出書

・涌谷町農業委員会委員応募届出書記載例(PDF:60KB)

涌谷町農地利用最適化推進委員

・応募要項(PDF:79KB)

・涌谷町農地利用最適化推進委員推薦書(一般推薦)

・涌谷町農地利用最適化推進委員推薦書(一般推薦)記載例(PDF:61KB)

・涌谷町農地利用最適化推進委員推薦書(団体推薦)

・涌谷町農地利用最適化推進委員推薦書(団体推薦)記載例(PDF:68KB)

・涌谷町農地利用最適化推進委員応募届出書

・涌谷町農地利用最適化推進委員応募届出書記載例(PDF:62KB)

また、応募要領及び指定様式は農業委員会事務局(涌谷町役場本庁舎1階)でもお受け取りできます。

推薦及び応募者等の公表

推薦をした方・された方並びに応募した方については、法律により情報の公表が義務づけられておりますので、応募期間中及び期間終了後に、氏名、年齢、職業などを涌谷町ホームページ及び掲示板等において公表することとなります。

その他

(1)農業委員

定数を超えた場合、涌谷町農業委員会等候補者評価委員会が、提出された書類をもとに、推薦を受ける者及び応募者の評価を行い、町への意見を報告します。町において、同委員会の意見を参考に農業委員候補者を決定し、町議会の同意を得たうえで町長が任命します。

(2)農地利用最適化推進委員

定数を超えた場合、涌谷町農業委員会等候補者評価委員会が、提出された書類をもとに推薦を受ける者及び応募者の評価を行い農業委員会へ意見を報告します。農業委員会の総会において選考し、農業委員会から委嘱します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業委員会事務局総務班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2120

ファクス:0229-42-3313