ホーム > トピックス > 新型コロナウイルス感染症対策情報 > 第6期涌谷町事業継続支援金のご案内

ここから本文です。

更新日:2022年4月5日

第6期涌谷町事業継続支援金について

第6期涌谷町事業継続支援金について

新型コロナウイルス感染症の拡大により、経営に大きな影響を受けている事業者(大企業を除いた中小企業者及び個人事業者)の事業継続を支援するため、売上げが減少した事業者に対し支援金を交付します。令和3年度に涌谷町新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金や第5期涌谷町事業継続支援金の交付を受けた事業者も対象となります。

事業内容については、下記のチラシをご覧ください。

第6期涌谷町事業継続支援金のご案内(PDF:124KB)

対象となる事業者

令和3年10月以前から町内で事業を営む者(大企業除く)で、町税等に滞納がなく、今後も引き続き町内で事業を継続する意思があり、次の「すべて」の要件を満たす事業者

  1. 日本標準産業分類に掲げる大分類のうち、C鉱業、採石業、砂利採取業、D建設業、E製造業、F電気・ガス・熱供給・水道業、G情報通信業、H運輸業、郵便業、I卸売業、小売業、J金融業、保険業、K不動産業、物品賃貸業、L学術研究、専門・技術サービス業、M宿泊業、飲食サービス業、N生活関連サービス業、娯楽業、O教育、学習支援業、P医療、福祉及びRサービス業(他に分類されないもの)に該当する事業を営んでいること。(A農業・林業、B漁業、Q複合サービス事業を除く。)
  2. 令和4年1月から3月まで(対象期間という)のいずれかひと月の主たる事業の売上高が令和3年~平成31年のいずれかの年の同月比で20パーセント以上減少していること
  3. 上記2で選択した年における1月から3月までの3か月間の合計売上高から対象期間の合計売上高を差し引いた金額が10万円以上であること
  4. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する性風俗関連特殊営業又は当該営業にかかる接客業務受託営業を行う事業者でないこと。
  5. 政治及び宗教上の組織又は団体でないこと。
  6. 暴力団員等でないこと。

※事業の分類については、総務省ホームページ(外部サイトへリンク)もご参照ください。

申請の方法

 郵送又はまちづくり推進課窓口まで提出してください。

型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、原則郵送による申請にご協力をお願いします。

申請書類

第6期涌谷町事業継続支援金交付申請兼実績報告書(PDF:181KB) 裏面あり

第6期涌谷町事業継続支援金交付請求書(PDF:115KB)

□令和4年1月から3月の月ごとの売上高及び申請書に記載した売上高がわかる書類の写し

 (例)売上帳簿、その他売上が確認できる書類等

□営業に当たり許認可が必要な業種の場合は営業許可書等の写し

□令和3年又は令和2年分(法人の場合は直近の事業年度)の確定申告書等の写し

  法人の場合は「確定申告書別表一」及び「法人事業概況説明書」

  個人事業者の場合は「確定申告書B」及び「所得税青色申告決算書」

□振込先預金通帳の写し

  口座名義人がカタカナで記載されている部分がはっきりと確認できるもので、

   法人の場合は法人名義の口座に限る

□本人確認書類の写し

  (例)運転免許証、保険証等

  法人の場合は代表者の本人確認書類の写し

 

交付金額

一事業者当たり100,000円

 

交付方法

口座振込

 

申請受付期間

令和4年4月1日(金曜日)から令和4年5月31日(火曜日)まで

受付時間は土日祝日を除く午前8時30分~午後5時15分まで

 

提出先・問合せ先

〒987-0192

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153-2

まちづくり推進課商工観光班

TEL:0229-43-2119

FAX:0229-42-3313

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まちづくり推進課商工観光班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2119

ファクス:0229-42-3313