ホーム > トピックス > JR東日本「大人の休日倶楽部」の「趣味の会」企画「地域連携講座」で東北6県がつなぐ特別講座(宮城県)「みちのくGOLD浪漫」の受講者を募集しています。

ここから本文です。

更新日:2021年8月25日

JR東日本「大人の休日倶楽部」の「趣味の会」企画「地域連携講座」で東北6県がつなぐ特別講座(宮城県)「みちのくGOLD浪漫」の受講者を募集しています

東北デスティネーションキャンペーンに合わせて、JR東日本「大人の休日倶楽部」の「趣味の会」が企画する「地域連携講座」に日本遺産「みちのくGOLD浪漫」が登壇します。

「天文学・地質学」と「歴史学」の2つの切り口で、近代まで続いた「みちのく」産金の歴史や、金のでき方を科学的な観点から見る、「金」の成り立ちを学ぶ講座を開講します。

 

金山御本版

紺紙金泥大般若経

涌谷町の砂金

気仙本吉御絵図

講座概要

日時とテーマ

第1回講座:9月22日(水曜日)

〈天文学・地質学から〉

「日本遺産みちのくGOLD浪漫について」「みちのくGOLDのでき方」

  • 宇宙から原始地球、そして金鉱脈の形成へ
  • 金を含む星のかけら
  • 大地の中の金
  • みちのくGOLDの発見

第2回講座10月11日(月曜日)

〈歴史学から〉

「みちのくGOLDの歴史をたどる」

  • ひと粒の砂金から日本最大の自然金まで
  • 日本最初の産金地
  • 平泉文化を支えた金
  • モンスターゴールドの発見

講師

福山宗志(第1回)

涌谷町教育委員会生涯学習課。日本遺産「みちのくGOLD浪漫」推進協議会事務局次長。涌谷町での産金を中心に地域史を研究。

豊田康裕氏(第1回)

気仙沼市鹿折金山資料館館長、三陸ジオパーク気仙沼推進協議会運営委員会委員長。気仙沼地方の地質・化石等の観察会を企画・運営。

千葉正利氏(第2回)

東北歴史博物館学芸部長。特別展「仙台藩の金と鉄」の企画など、宮城を中心に金属の歴史について研究。

詳細は、JR東日本「大人の休日倶楽部」の「趣味の会」公式サイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

生涯学習課文化財保護班

宮城県遠田郡涌谷町字下道69番地1

電話:0229-43-3001

ファクス:0229-43-3536