ホーム > 産業・観光 > 観光 > 史跡・名所・文化財 > 涌谷の文化財めぐり > 豊穣の祈り・稲作の信仰と民俗芸能

ここから本文です。

更新日:2016年5月12日

-豊穣の祈り-稲作の信仰と民族芸能

豊穣の祈り

その中核は私たちの主食である米、稲作と言えます。

稲作が始まったのは、縄文時代の末期頃(約二千五百年前)からとされます。

先人達は、制御の及ばない自然風土の中で、旱魃や冷害、病害虫など農作に仇なす障害を排除してもらうため、神を祀り諸々の儀式や行事をしました。日照りの時は雨乞いをし、寒さの夏は霜害がないように祈りました。虫害を悪霊のわざのように考え、夏に入ると松明を灯し、かねやたいこをたたいて、