ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 手当・年金

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

手当・年金

特別障害者手当

対象者

常に特別の介護を必要とする20歳以上の在宅重度障がい者

ただし、施設に入所中あるいは3月以上入院中の人は対象外です。また、所得制限があります。

支給額

月額26,830円(平成28年4月~)

申請先

涌谷町福祉課福祉班

必要なもの

  • 1.所定の様式の診断書(用紙は窓口にあります。)
  • 2.世帯税員の住民票(外国人の方は外国人登録済証明書)
  • 3.預金通帳(本人名義)
  • 4.印鑑(外国人の方は署名も可)
  • 5.所得に関する証明書(町民税課税証明書など
  • 6.公的年金受給者は証書と年金受給額がわかるもの
  • 7.障害者手帳をお持ちの方はその手帳

障害児福祉手当

対象者

20歳未満の重度在宅重度障がい児

ただし、児童が施設に入所中の場合は対象外です。また、所得制限があります。

支給額

月額14,600円(平成28年4月~)

申請先

涌谷町福祉課福祉班

必要なもの

  • 1.所定の様式の診断書(用紙は窓口にあります)
  • 2.世帯税員の住民票(外国人の方は外国人登録済証明書)
  • 3.所得に関する証明書(町民税課税証明書など)
  • 4.預金通帳(本人名義)
  • 5.印鑑(外国人の方は署名も可)
  • 6.公的年金受給証書と年金受給額がわかるもの
  • 7.身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳

特別児童扶養手当

対象者

20歳未満の重度または中度障がい児を監護する父母など

ただし、児童が施設に入所中の場合、児童が障害年金などを受給した場合は対象外です。また、所得制限があります。

支給額

1級:月額51,450円(平成29年度)

2級:月額34,270円(平成29年度)

申請先

福祉課子育て支援室(町民医療福祉センター)

必要なもの

  • 身体障害者手帳・療育手帳
  • 診断書
  • 戸籍謄本、住民票謄本(世帯分離の時は世帯分)、通帳、印鑑
  • 転入者は所得課税証明書

障害者扶養共済制度

障がい者(児)を扶養している保護者が死亡または重度障がい者になった場合に、残された障がい者(児)に終身一定額の年金が支給されます。

対象者

身体障害者手帳1級~3級または療育手帳の交付を受けている障がい者を扶養している65歳未満の人

掛け金

加入年月日、加入時年齢で掛金が変わりますので窓口におたねください。

支給額

月額20,000円又は40,000円(2口加入の場合)

申請先

涌谷町福祉課福祉班

必要なもの

  • 1.加入等申込書
  • 2.住民票(保護者及び障害のある方それぞれ必要)
  • 3.申込者(被保険者)告知書(保護者の健康状態を告知する書類)
  • 4.障害の種類及び程度を証明する書類(身体障害者手帳・療育手帳)
  • 5.年金管理者指定者届書(障害のある方が年金を管理できないとき)
  • 1.、3.、5.は窓口にあります。

障害基礎年金

国民年金の加入者が、病気やけがが原因で、障がいの状態(1級または2級)になったときに受ける年金です。

対象者

初診日前に保険料納付月(免除月を含む)が加入期間の3分の2以上あるか、初診日前の1年間に保険料の滞納がない人

年金額

  • 1級:786,500円×1.25+子の加算
  • 2級:786,500円+子の加算

子の加算

障害基礎年金を受け始めるときに、生計を維持されている子がいるときは、以下の額が加算されます。

  • 1、2人目:1人につき226,300円
  • 3人目以降:75,400円

特別障害給付金

国民年金に任意加入だった人が、任意加入していなかった期間中の病気やけがで、1級または2級の障がいの状態にある場合は、特別障害給付金が支給されます。対象となるのは、以下の人です。

  • 平成3年3月以前の国民年金任意加入対象であった学生
  • 昭和61年3月以前に国民年金の任意加入対象であった厚生年金・共済組合の加入者の配偶者

申請先

初診日に加入していた状況によって異なります。

障害基礎年金、特別障害給付金を請求される場合は、事前に受給要件や必要な書類を確認する必要がありますので、福祉課福祉班にまずはご相談ください。

お問い合わせ

福祉課

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-43-5111

ファクス:0229-43-5717