ここから本文です。

更新日:2013年7月19日

医療福祉センターの沿革

昭和47年 1月 「総合病院建設町民大会」の開催
昭和49年 5月 署名運動、署名数9,275名(有権者の65%、世帯数の85%)が提出される
6月 議会に請願書提出
12月 定例会請願採択
昭和50年 7月 企画課内に「町立総合病院建設問題臨時委員会」を設置し、調査検討
昭和59年 1月 「病院建設準備対策室」の設置
4月 議会に病院建設調査特別委員会設置
12月 「涌谷町町民医療福祉センターシステム構想」発表
昭和61年 3月 議会に病院機能概要を説明
4月 「病院建設準備対策室」を「病院開設準備室」に改める
昭和62年 1月 自治省リーディングプロジェクト事業採択長寿社会対策第1号となる
昭和63年 11月 涌谷町町民医療福祉センター供用開始(40床)
平成元年 4月 健康推進員制度発足、増床(62床)
平成3年 1月 在宅介護支援センター開設
3月 増床(100床)
平成5年 7月 広島県公立みつぎ総合病院と姉妹縁組
8月 涌谷町訪問看護ステーション開設
平成7年 4月 健康管理センター供用開始
7月 老人保健施設供用開始(80床)
平成10年 10月 24時間ホームヘルプサービス開始
平成12年 4月 介護保険制度開始
平成12年 12月 療養型病床群供用開始(40床)
高齢者福祉複合施設構想(AssociatedUniversalTown)
平成13年 10月 同着工第一期計画
平成14年 4月 療養型病床群増床(41床)
平成15年 5月 高齢者福祉複合施設(特別養護老人ホーム・高齢者生活支援ハウス・デイサービスセンター)供用開始
平成15年 4月 ソロー市と姉妹都市締結
平成16年 5月 認知症高齢者グループホーム供用開始
平成17年 10月 地域包括支援センター設置
デンマークソロー市への介護研修派遣
平成20年 4月 特定健診・特定保健指導開始
平成20年 10月 ソロー市へ研修派遣
平成22年 4月 公営企業法全部適用に移行
事業管理者に青沼孝徳氏を選任
平成24年 5月 ソロー市より職員交流で2名の認知症専門看護職員来町
平成25年 8月 ソロー市へ研修派遣

お問い合わせ

総務管理課

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-43-5111

ファクス:0229-43-5715