ここから本文です。

更新日:2013年8月29日

私道内布設制度

下水道工事は公道には公費負担で施行し、私道はその私道に面している方々が施工するのが原則です。しかし、下水道工事には多額の費用がかかるため、大きな負担となります。

そこで、涌谷町では水洗化普及促進のために一定の条件を満たしている私道に対し、公費で公共下水道を布設します。

布設の条件は?

  • 現に通行の用に供されていること
  • 建築基準法において道路として位置指定された土地又は登記簿上の地目が公衆用道路となっている土地であること
  • 私道に面している家屋が2戸以上あること
  • 私道の幅が1.8メートル以上あること
  • すでに下水道管が埋設されている公道または私道に接続していること
  • 私道の所有者などの利害関係者全員の承諾を得られていること
  • 下水道管の工事終了後、申請者全員が、6ヶ月以内に水洗化工事を行うこと
  • 申請者全員が受益者負担金(分担金)を滞納していないこと

私道内布設例

下の図のB、C、D、E、F、G、Hが対象となります。AとIは下水道に直接流せるので対象になりません。

 

手続きは?

代表者1名を選任し、上下水道課下水道班に申し込んでください。町で現地を調査し、条件を満たしていることを確認した場合、正式に申請して頂きます。

お問い合わせ

上下水道課下水道班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2131

ファクス:0229-43-2144