ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

特別弔慰金

趣旨

特別弔慰金は、今日の日本の平和と繁栄の礎となった戦没者などの尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔意の意を表すため、戦没者などのご遺族に支給されるものです。

支給対象者

戦没者などの死亡当時のご遺族で、令和2年4月1日(基準日)において「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」などを受ける方(戦没者などの妻や父母)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給されます。

支給順位

1.令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方

2.戦没者などの子

3.戦没者などの(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹

戦没者などの死亡当時、生計関係を有しているなどの要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。

4.上記1から3以外の戦没者などの三親等内の親族(甥、姪など)

戦没者などの死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

国債の償還金は、令和3年4月15日以降に、年5万円ずつ支払いを受けることができます。償還金の支払を受ける場所は、請求手続きの際にご希望の郵便局などを指定していただきます。

請求期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日まで

請求期間を過ぎると第11回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。

請求に必要な書類など

1.請求者の令和2年4月1日(基準日)現在の戸籍抄本

2.国債の償還をする際に使う印鑑

3.請求者又は代理で来た方の本人確認ができるもの(運転免許証など)

請求者が過去に特別弔慰金を請求したことがあるかなどの状況によって、提出していただく書類が異なります。詳しくは町民生活課町民生活班へお問合せください。

請求手続きを委任する場合は、弔慰金委任状(請求者の子以外の場合は戸籍請求書の委任状も必要です。)が必要です。

弔慰金委任状様式(PDF:387KB)

戸籍請求書委任状(PDF:68KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

町民生活課町民生活班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2113

ファクス:0229-43-2693