ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 水道(上水道) > 涌谷町水道事業経営戦略・中期経営計画

ここから本文です。

更新日:2019年6月25日

涌谷町水道事業経営戦略・中期経営計画

本町の水道事業は、昭和27年11月涌谷町上水道事業として認可を受け、昭和31年3月から給水を開始しました。その後、5回にわたる拡張事業を実施し、現在も計画に基づく老朽管更新事業及び配水管布設替工事等の施設整備を進めております。

水道事業の経営状況は、近年の景気低迷や節水に対する意識の高まり等により水需要が減少しており、今後伸びが見込まれない状況のなか、施設の拡張から維持管理の時代へ転換期を迎えており、福沢浄水場ほか老朽化した既存施設の経年劣化による更新改良経費の増大や宮城県大崎広域水道からの当初契約水量による受水費の負担など、重要課題を抱え、事業の自立性強化と経営の安定化が求められています。

これらの環境変化に的確に対応すべく、今後一層の経営健全化に取り組み、効率的・計画的な事業運営を推進し、安全、安心な上水を将来にわたり安定して供給するため、経営戦略及び中期経営計画を策定しました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上下水道課上水道班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2131

ファクス:0229-43-2144