ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > ごみ > 涌谷町をきれいにする活動

ここから本文です。

更新日:2013年7月3日

涌谷町をきれいにする活動

涌谷町を清潔で美しいまちにする条例

涌谷町では、清潔で美しいまちづくりを目指して、「涌谷町を清潔で美しいまちにする条例」を施行しています。この条例は、町民のみなさんや事業所のみなさんと町が一体となって、「ポイ捨て」を防止し、「美化活動」を図るという内容になっています

町民のみなさんへ

  • ごみは、家庭まで持ち帰るか、決められた回収容器(ごみ箱・吸いがら入れ)へ入れましょう。
  • 地域の美化活動に協力しましょう。
  • 空き地などを所有または管理している方は、定期的に清掃するなど、その土地にポイ捨てされないようにしましょう。

事業者のみなさんへ

  • 従業員に対する美化意識の啓発を行うほか、地域の美化活動に協力しましょう。
  • 消費者の方への美化意識の啓発を行いましょう。

町は

  • ポイ捨て防止についての啓発を行います。
  • 自主的な美化活動を支援します。
  • 環境教育・環境学習を充実します。

 

ページの先頭へ戻る

自主的な美化活動(クリーン奉仕活動)の支援

公共空間を年間を通して定期的に美化活動してくださる方に「ほうき」や「ちりとり」などの清掃用具を支給するなど、その活動を支援いたします。

美化活動は、多くの人の目に触れることで「ごみのポイ捨て」を減らし、清潔で美しいまちなみを実現させます。また地域社会に連帯感を育み、住民参加のまちづくりが実現するという効果もあります。

自主的な美化活動って?

公共空間の散乱ごみ(空き缶、タバコの吸いがらなど)についての清掃活動で、およそ3ヶ月に1回以上、定期的に活動を行う団体や企業、個人での取り組みのことを言います。

活動場所は、散乱ごみの絶えない公共の場所であること。申込者の自宅周りを清掃する場合などは対象外となります。

町からの支援の内容は?

ごみ袋、軍手については必要な数を、ほうき、ちりとり、ごみばさみについては町での準備に限りがあるため、1つの団体で10個を上限とさせていただきます。このほか、活動場所の状況によって必要な支援を行います。

また、活動によって収集され、「もえるごみ」「もえないごみ」に分別されたごみは町が回収を行います。回収場所、回収頻度によって決まります

活動区域には、誰が(どの団体が)活動を行ってきれいにしているか、表示板が設置されます。

申し込みの手続き

申し込み用紙に必要事項を記入のうえ、町民生活課に申し込んでください。

  1. 町の趣旨に賛同し、応募される方は、申込書に必要事項を記入し、町民生活課に申し込んでください。
  2. 町は、申込書の内容について、申込者と協議します。
  3. 協議の結果、申込書の内容が適正であると認めた場合は、申込者に清掃用具をお貸しします。
  4. 申込者は、町との協議に基づいて美化活動を実施し、「もえるごみ」「もえないごみ」に分別して排出します。
  5. 町は活動後の分別排出されたごみを収集します。
  6. 町は、申し込みに基づいて美化活動区域の周辺に表示板を設置します。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

町民生活課町民生活班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2113

ファクス:0229-43-2693