ホーム > トピックス > 新型コロナウイルス感染症対策情報 > 新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

ここから本文です。

更新日:2021年8月4日

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

海外渡航時の渡航先での防疫措置などの緩和を目的として、希望者に「新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」を交付します。

海外渡航用の証明書であり、現段階では国内での利用は想定されていないため、現に海外渡航の予定がある方のみを対象としています。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

申請・交付方法

涌谷町健康課健康づくり班の窓口で申請を受け付けます。

申請を受理してから、一週間程度で郵送します。即日発行はできません。

接種事実の確認が困難な場合は、交付までに2、3ヵ月程度かかることがあります。

申請に必要な書類

  1. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:60KB)(健康課窓口でも用意しています)
  2. 有効期限内の旅券(パスポート)の写し(旅券番号が記載されているページ。旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は、それらが確認できる書類の写し)
  3. 接種済証(医療従事者等の方は接種記録書)の写し。接種済証が無い場合は、マイナンバーカードまたは通知カード
  4. 84円切手を貼った返信用封筒(返信先住所を記載)

代理人が申請する場合

上記に加えて次の書類が必要です。

  1. 委任状(PDF:53KB)
  2. 代理人の本人確認書類

注意事項

  1. 接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市区町村の接種券を使用して接種を受けた場合は、それぞれの市区町村が申請先となります。
  2. 証明書の発行に、手数料はかかりません。

接種証明書(ワクチンパスポート)が利用可能な国や具体的な緩和措置等について

外務省ホームページをご覧ください。また、接種証明書の制度全般に関する問い合わせは、「厚生労働省の新型コロナワクチンコールセンター(0120-761-770)へお問い合わせください。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康課健康づくり班

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-25-7973

ファクス:0229-43-5717