ホーム > トピックス > 新型コロナウイルス関連情報 > 新型コロナウイルスにかかわる相談窓口と感染予防について

ここから本文です。

更新日:2020年4月7日

新型コロナウイルスにかかわる相談窓口と感染予防について

新型コロナウイルスの感染者が涌谷町内において発生した旨の情報が流れているようですが、令和2年4月8日(水曜日)現在そのような事実は確認しておりません。

感染者の発生状況につきましては、厚生労働省ホームページに掲載されておりますので、根拠のない間違った情報などに惑わされないようご注意をお願いします。

 

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスに関連した感染症が発生しています。国内でも患者が各地域で確認されております。過剰に心配することなく、季節性インフルエンザと同様に、咳エチケットや手洗いなど感染症対策に努めてください。

相談窓口について

宮城県の電話相談窓口(コールセンター)

宮城県では新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口を2月4日より設置しています。

  • 相談窓口:宮城県新型コロナウイルス一般健康相談窓口
  • 電話番号:022-211-3883
  • 受付時間:24時間(土日・祝日を含む)

次のいずれかに該当する方は、下記一般電話相談窓口にご相談ください。

  1. 流行地域への渡航歴がある方で、帰国してから2週間の間に咳や発熱等の症状がある場合
  2. 次の症状を有する方
  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※高齢の方や基礎疾患(糖尿病、心不全、透析中など)のある方は、上の状態が2日程度続く場合

※妊婦の方は念のため、上記の方と同様に上の状態が2日程度続く場合

現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザなどの心配があるときは、通常と同様にかかりつけ医などにご相談ください。

感染への不安から適切な相談をせず、検査目的で一般の医療機関を受診しても現在は検査が出来ないため、かえって感染するリスクを高めることになります。

【厚生労働省からのお知らせ】

【宮城県からのお知知らせ】

その他相談窓口

聴覚や言語に障害のある方専用の相談窓口(宮城県)

  • FAX:022-211-3192

通訳が必要な方の一般電話相談窓口(みやぎ外国人相談センター)

  • 受付時間:9時~21時(月~金曜日)
  • 電話番号:022-275-9990

厚生労働省の電話相談窓口(コールセンター)

  • 受付時間:9時~21時
  • 相談窓口(電話):0120-565653(フリーダイヤル)

涌谷町新型コロナウイルス感染症対策本部の設置について

新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症が指定感染症に指定されたことを受け、涌谷町における今後の感染症対策を推進するため、令和2年2月5日付けで涌谷町新型コロナウイルス感染症対策本部を設置しました。

今後も速やかな情報収集を行うとともに、国や宮城県、関係機関との更なる連携を図り、町民のみなさまへの周知啓発に努めてまいります。

涌谷町主催のイベントなどについて

涌谷町では、国の基本方針に基づき町主催のイベント等については当面原則中止・延期を行うことといたしましたので、ご理解ご協力をお願いします。ただし、中止または延期が困難なイベントなどについては、次の判断材料を参考に十分検討のうえ、総合的に判断するとともに感染予防に配慮した対応を行います。

<開催する場合の感染防止対策>

  • 参加者の手洗い、咳エチケットの徹底、定期的な換気、手指消毒用アルコールの設置、共有物の適正な管理または消毒、風邪症状のある方の不参加依頼を行う等
  • 参加者数及び開催時間は、極力最小限にとどめる

涌谷町が主催しないイベントの開催について(厚生労働省基本方針より抜粋)】

イベントの主催者においては、感染拡大の防止という観点から感染の広がり、会場の状況等を踏まえ開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。なお、イベント等の開催については、現時点で政府として一律の自粛要請を行うものではありません。

開催にあたっては、感染拡大の防止に向けた対策の準備をお願いいたします。

※上記の対応については、今後の状況や国・県などの方針により随時変更の可能性があります。

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染を引き起こすウイルスです。
人に感染症を引き起こすものは、これまでに6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすものはSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)の2種類で、その他は感染しても通常の風邪など重症ではない症状にとどまります。

 

新型コロナウイルスによる感染症を予防するために

  • こまめな手洗い、咳やくしゃみをする際にマスクやティッシュ、ハンカチ、袖をつかって口や鼻をおさえる「咳エチケット」などにしっかりと取り組んでいただくことが重要です。
  • 発熱など風邪症状がある場合は、外出を控えましょう。
  • 新型コロナウイルス感染症対策専門会議は、「3つの条件が重なる場所に最大限の警戒」と示しています。1.換気の悪い密閉空間2.多くの人が密集3.近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)での会話や発生が行われる、という条件が同時に重なる場での活動は避けましょう。

【厚生労働省からのお知らせ】

【東北医科薬科大学作成啓発資料】

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康課健康づくり班

宮城県遠田郡涌谷町涌谷字中江南278番地

電話:0229-43-5111

ファクス:0229-43-5717