ホーム > 暮らしのガイド > 防災・交通安全・防犯 > 防災 > ため池ハザードマップについて

ここから本文です。

更新日:2021年6月29日

ため池ハザードマップ

防災重点ため池について、ハザードマップを作成しました。

ため池は、農業用水としての役割のほか、大雨時に一時的に水を溜める機能や、生物の生息・育成の場など多面的な役割を担っています。

ため池ハザードマップとは、ため池の堤体(土手)が決壊した場合にどのような被害となるかを想定し、浸水区域や避難に役立つ情報をまとめたものです。

日頃からお住いの地域のハザードマップをご確認いただき、地域の防災活動や日頃からの備えにご活用ください。

ハザードマップが作成されたため池が、直ちに「危険」ということではありません。

  1. 新塘下溜池・昭元溜池ハザードマップ(PDF:509KB)
  2. 猿手溜池ハザードマップ(PDF:652KB)
  3. 小梨子溜池・大崩溜池ハザードマップ(PDF:1,249KB)

ため池ハザードマップポータルサイト(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林振興課農林振興班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-25-8511

ファクス:0229-42-3313