ホーム > 暮らしのガイド > 戸籍・住民票 > マイナンバー通知カード・個人番号カードについて

ここから本文です。

更新日:2020年5月21日

マイナンバー(個人番号)通知カード・個人番号カードについて

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の実施にあたり、住民の皆様に通知カードを交付しました。その後、個人番号カードを申請された方に個人番号カードを交付しています。

通知カード

住民の皆様にマイナンバー(個人番号)を通知するもので、住民票を有する全ての皆様に、簡易書留により郵送されました。

社会保障、税、災害対策における各種手続において、個人番号の記載、確認を求められることとなりますので、受け取られたカードは大切に保管してください。

通知カードは紙のカードで、個人番号の他、住所、氏名、生年月日、性別が記載されており、透かし等の偽造防止技術も施されています。

番号確認と本人確認を1枚で行いたい方は、個人番号カードが便利です。

通知カードの発行及び記載事項変更の手続きが終了します(令和2年5月25日廃止)

マイナンバーをお知らせした通知カードが、令和2年5月25日以降は新規発行及び再発行ができなくなります。現在、通知カードをお持ちの場合、記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続き通知カードをマイナンバー証明書類として使用できます。

〇廃止後の通知カードの取り扱いについて

通知カードの再交付申請はできません。

氏名、住所等に変更が生じた際に、通知カードの記載変更はできません。

個人番号カード(マイナンバーカード)の交付を受ける場合等には、通知カードを町に返納していただきます。

〇廃止後のマイナンバーの通知について

出生や国外からの転入等により新たにマイナンバーが付番された方へのマイナンバーの通知は、「個人番号通知書(マイナンバー、氏名、生年月日、個人番号通知書の発行日等が記載された書類)」により行われます。

個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類としては使用できません。

氏名、住所等に変更が生じた場合は、個人番号通知書の記載変更はできません。

個人番号通知書の再交付申請はできません。

個人番号通知書は、マイナンバーカード交付時の返納は不要です。

〇廃止後のマイナンバー証明書類について

マイナンバーカード

マイナンバー(個人番号)記載の住民票

マイナンバー(個人番号)記載の住民票記載事項証明書

氏名、住所等が最新となっている通知カード

 

個人番号カード(マイナンバーカード)

個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用できます。

個人番号カードの交付を希望される方は、郵便等で申請することが必要です。

初回の交付手数料は無料です。

個人番号カードの申請から交付準備ができたことをお知らせする通知書(ハガキ)が発送されるまで1か月程度かかります。

個人番号カード(マイナンバーカード)をつくってみませんか

交付申請

マイナンバーを通知するために届く通知カードに、個人番号カード交付申請書が同封されています。

申請書に必要事項を記入の上、顔写真を添付して署名又は記名押印していただき、郵送でお申し込みください。

個人番号カード交付申請書の送付用封筒について

交付

個人番号カードができましたら、交付準備ができたことをお知らせする通知書(ハガキ)が届きますので、通知カード、本人確認書類等を持参して個人番号カードをお受け取りください。

マイナンバーに関するお問い合わせは

マイナンバー総合フリーダイヤル(新)

お問い合わせ

町民生活課総合窓口班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2113

ファクス:0229-43-2693