ホーム > 町の紹介 > 町の概要 > 町の歴史 > わが町涌谷の歴史~その8月将館と涌谷の学問・文化

ここから本文です。

更新日:2013年8月22日

わが町涌谷の歴史~その8:月将館と涌谷の学問・文化

1、月将館

涌谷大橋からお城への道の左、江合川の河川敷内にかつて学問所「月将館」があり、今はそこに文化財標識があります。

月将館の文化財標識

月将館は、天保九年(一八三八)涌谷伊達家第十三代義基(桂園が家臣黒澤太仲の建議により設立した郷学(藩学に準じた地方士分の子弟の教育機関)で、表丁といわれた通りのこの場所にあった。初めは学習館といい、安政二年(一八五五年)第十四代邦隆(梅渓・桂香)の時代に、月将館と改称された。初代の学頭は阪元玄岡、ついで有名な斎藤竹堂が督学を勤めたので、諸国から頼三樹三郎や赤松寸雲など、名のある文人・武人・学者・志士が大勢涌谷を訪れ、仙台藩の藩学養賢堂に次ぐ領内教育の中心的な郷学として、藩外にも広く知れわたり、安政年間に最盛期を迎えたといわれている。月将館の存在は単に士分の子弟教育に役立ったばかりでなく、一般庶民の向学心をも育てたが、設立以来約三十年間続いて明治維新になって廃止された。

封建社会の動揺が深刻となった19世紀、涌谷も大変な時代に直面していました。財政の悪化で困窮していたところに、大災害が拍車をかけたのです。文化・文政・天保時代は大洪水・大凶作・大地震・大火が連年発生し惨状を極めました。天保4年、義基は16条の「条論」により、庶政改革を布告しました。その中に月将館設立につながる考え方が見られます。

一、臣子たる者忠孝の心懸申すまでも無く候。

一、学問は好候はば身分の差などこれ無く候。忠孝二道も無学文盲に候得ば間違いもこれ有るものに候、まず孝経大学ばかりも是非吟味申すべく候。

一、武芸は面々家業と心得修行申すべく候。弓馬剣槍一様ならざる事に候間・・是非一芸は熟練候様心懸べし。

一、諸芸家業の者業道の出精専一の事。

一、師弟の情は礼儀を重んじ、いささかも疎意なき様心得申すべく候。

文武にわたる教育の浸透とその成果が期待されるところに月将館の意義があり、危機を克服するためにも組織的な教育による有為な人材の育成が強く求められました。

全盛期の月将館

学科・・・習字・読書・講義・詩作・作文・剣・槍・弓・砲術・馬術

教科書・・・四書・五経・小学・近思録・左氏伝・文選・文集

教師・・・学頭1名・授業主立30名

生徒・・・300余名

学習年限・・・8歳より15歳に至る8ヶ月

2、私塾と寺子屋

近世は文章による支配、加えて貨幣経済の浸透が「よみ・かき・そろばん」を日常生活に必要不可欠なものとし、私塾と寺子屋は庶民のための教育機関でした。師匠のほとんどは涌谷の家臣で、しかも黒澤太仲や阪元玄岡のような月将館関係者も開塾していることは、領主の政治理念の浸透や体制づくりに実に有効だったでしょう。

齋藤竹堂

師匠の人格や学識は塾生の感化に直結します。すぐれた師匠は向学心に燃え、豊かな才能を備えた若者たちを育てずにはおきませんでした。沼部村の遠山塾から涌谷城下の阪元塾、さらに仙台藩学養賢堂を経て江戸の昌平黌(しょうへいこう)(昌平坂学問所)に学んだ齊藤竹堂はその代表的な例で、江戸後期の儒学者として広く知られました。

現涌谷町内にあった私塾・寺子屋とその師匠

私塾

  • 入間田塾(涌谷村・入間田蔵之助)

寺子屋

  • 阪元塾(馬場谷地村・阪元玄岡)
  • 坂本塾(馬場谷地村・坂本道逸)
  • 今野塾(馬場谷地村・今野完治)
  • 宍戸塾(馬場谷地村・宍戸覚右衛門)
  • 中野塾(涌谷村・中野友水)
  • 大石塾(涌谷村・大石塞馬)
  • 千石塾(涌谷村・千石運之進)
  • 成就院(涌谷村・芳寛)
  • 三塚塾(上郡村・三塚久之丞)
  • 菊池塾(小塚村・菊池意仲)
  • 佐々木塾(箟岳村・佐々木純照)
  • 福田塾(太田村・福田五左衛門)

安政4年伊達安芸家中武芸伝授書上(現涌谷町内分のみ抜粋)

甲州流兵学

  • 中島雄治(日向丁)

知円流釣直槍

  • 平塚儀蔵(長柄丁)

長沼流兵学

  • 安部晴治(日向丁)

鏡智流槍術

  • 鈴木純之進(六軒丁)

宮流剣術

  • 阪元半左衛門(追廻丁)

疋田流槍術

  • 今野官治(長柄丁)
  • 坂本志津馬(追廻丁)
  • 今野春治(長柄丁)
  • 須田弟次郎(刈萱丁)

八条流馬術

  • 村岡縫殿之助(福沢)
  • 横山進(田沼丁)
  • 菱沼郷助(下丁)
  • 畑山村治
  • 川部平十郎(下丁)

小野流一刀流剣術

武明流剣術

  • 吉目木五郎左衛門(日向丁)

印西流射術

  • 米谷雅楽之助(日向丁)
  • 石川定之進(練牛丁)

日置流射術

  • 松浦太左衛門(長柄丁)
  • 佐々木織衛

安盛流砲術

天辰一刀流剣術

  • 鈴木直之進(長柄丁)

西洋流砲術

  • 鈴木久八郎(下丁)
  • 鈴木惣左衛門(長柄丁)
  • 有路三右衛門(日向丁)
  • 平塚栄之助(柳丁)

外記流砲術

  • 甲田裕八郎(立丁)
  • 後藤冬治(猪岡短台村)

不易流砲術

  • 門間弥左衛門(成沢村)

愛宕流剣術

  • 木村俊治(小里村)
  • 尾形丹治(小金迫)
  • 香川喜吉(小里村)
  • 佐藤与惣左衛門(小塚村)
  • 大平甚助(小里村)

教外流居合起合剣術

的心流起合剣術

清堅流管槍

  • 村岡五郎助(立丁)
  • 村岡平十郎(田沼丁)
  • 入間田蔵之助(下丁)
  • 安倍晴治(日向丁)
  • 十文字信助(小人丁)
  • 関根修輔(川端)

3、文化の隆昌

涌谷伊達家は、代々文教を重視してきました。13世紀義基も南山和尚・大槻平泉・菅井梅関・佐々木中沢といった人々を来涌させ、家臣に多くの感化を与えさせます。

14代邦隆も月将館の充実発展に努めました。斎藤竹堂を督学(学事の監督)に登用し、赤松寸雲を賓師(客分待遇の師匠)に招き、自らも毎月臨校しました。

月将館を中心とした文武の奨励が実を結んで、涌谷の学問文化は盛んになりました。竹堂を中心とした漢学・詩文の熱気は明治文化への架け橋でした。隆昌の詩文会では村岡蓼州らが復古昑社をつくり、活動しました。いっぽうで武芸も大変盛んになりました。

桂園書達磨

その9に続く

お問い合わせ

企画財政課企画班

宮城県遠田郡涌谷町字新町裏153番地2

電話:0229-43-2112

ファクス:0229-43-2693